※当サイトのコンテンツには広告を含む場合があります

【マカフィー】更新しないとどうなる?期限切れを放置してもOK?

【マカフィー】の期限切れは放置しても大丈夫なのかを徹底解説!

ネット上では、「パソコンにインストールしていたマカフィーの期限が切れたのですが放置しても大丈夫?」という質問を目にすることがあります。

結論から先に言うと、絶対に放置すべきではありません!

以下に、その理由を詳しく解説します。

マカフィーリブセーフ1500円OFFクーポン
ココをクリック!

目次

結論:期限が切れたマカフィーリブセーフは放置してはいけません!

近年は、毎日100万以上もの新たなマルウェアが誕生しているといわれています。セキュリティソフトも、それらに対応するために日々進化を続けています。

マカフィーリブセーフも、新種のマルウェアに即座に対処できるように、インターネットを経由して毎日最新のウイルス定義ファイル(ウイルスのデータベース)をダウンロードしています。

また、攻撃者(ハッカー)の手口もますます高度化かつ巧妙化しているため、スキャンエンジンのアップデートも適宜行っています。

ところが、マカフィーリブセーフの有効期限が切れると、これらのアップデートが一切行われなくなります。

つまり、新種のマルウェアには対応できない状態になってしまいます。毎日100万以上もの新しいマルウェアが発生しているというのに。。

これがいかに危険な状態かわかりますよね?

Windows DefenderがあればOKでは?

Windows Defender(Microsoft Defender)は、Windows OSに標準で搭載されているウイルス対策機能です。Windows OSを利用していれば無料で利用することができます。

Windows Defenderの性能は年々向上してきていることもあり、「Windows のセキュリティ対策はWindows Defenderだけで十分!」という人もいます。

ただ、注意すべきなのは、期限切れのマカフィーリブセーフがインストールされたままの状態だとWindows Defenderは動作しない、ということです。

Windows Defenderは、市販のセキュリティソフトをインストールすると、機能が競合する部分については自動的に無効化される仕様になっています。

従って、Windows Defenderは、期限切れのマカフィーリブセーフがインストールされたままのパソコンを保護できないのです。

マカフィーリブセーフの有効期限が切れる場合の対処方法

有効期限が切れるマカフィーリブセーフに対する対処方法としては、以下の2つがあります。

●マカフィーリブセーフをアンインストールしてWindows Defenderを有効化する
●マカフィーリブセーフを引き続き使用する

以下に、それぞれについて解説します。

マカフィーリブセーフをアンインストールしてWindows Defenderを有効化

最近のWindowsでは、マカフィーリブセーフをアンインストールするとWindows Defenderが自動的に有効化されます。これにより、マカフィーリブセーフに代わってWindows Defenderがパソコンを保護するようになりますので、期限切れのマカフィーリブセーフを放置するよりはセキュリティが確保できた状態になります。

ただ、一時的な対応であればWindows Defenderを使ってもいいのですが、Windows Defenderでは不十分な点もあります。

重要なものから順にあげると、以下のようになります:

  • 未知のマルウェアに対する対策が弱い
  • テクニカルサポート体制が不十分
  • フィッシング対策(ブラウザ保護)はEdgeの使用が前提
  • VPNが搭載されていない

それぞれの詳細は上の記事で解説していますので省略しますが、当サイトは、少なくとも以下のような方はWindows Defenderではなく、マカフィーリブセーフのような高機能なセキュリティソフトを使用すべきだと考えます:

●パソコンで顧客情報や仕事上の機密情報を管理している、また自分自身の個人情報を保存している人
●万が一マルウェア感染した場合、自分で適切に対処できる自信がない人

マカフィーリブセーフを引き続き使用する

マカフィーリブセーフを引き続き使用するには、更新と新規購入の2つの選択肢があります。

使用中のライセンスを更新するのが一番簡単ではありますが、マカフィーリブセーフをお得に使い続けたい場合は、更新ではなく新規購入することをおすすめします。

マカフィーリブセーフには自動更新が設定されている場合がありますが、この場合、初回購入から1年(または3年)が経過すると、購入時に使用したクレジットカードに対して自動的に更新料金が請求されます。ただ、この価格は新規で購入する価格に比べてかなり割高です。

マルウェアに対する保護を常時継続するという意味では自動更新は有効なサービスなのですが、自分でライセンスの有効期限に気をつけてさえいれば、自動更新の加入は必要ありません。

従って、少しでも安くマカフィーリブセーフを使い続けたい方は、更新せずに新規に購入し直すのがおすすめです。

参考までに、マカフィーリブセーフの1年版を自動更新した場合と、新規購入した場合との価格差を見てみましょう。

自動延長価格新規購入価格(1年版)価格差
12,980円4,480円
※当サイト限定クーポン利用時
8,500円

なんと、価格差は8,500円あります!

なお、マカフィーリブセーフは手動でも更新できます。自動更新価格よりかなり安く更新できますが、それでも新規購入した方がお得になります(※当サイト限定クーポン利用時)

手動更新価格新規購入価格(1年版)価格差
5,980円4,480円
※当サイト限定クーポン利用時
1,500円

マカフィーリブセーフの延長料金を安くする方法については、以下の記事でさらに詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

複数年の利用を考えている方はさらにお得に

上記は1年版を新規購入する場合の試算ですが、もし自動更新を停止後に3年版を新規購入すると、さらにお得になります

マカフィーリブセーフ3年版の新規購入価格は10,500円です(※当サイト限定クーポン利用時)

例えば、もしマカフィーリブセーフを3年間自動更新し続けた場合、3年版を新規購入する場合との価格差は、

12,980円(自動更新価格) ✕ 3年 – 10,500円(3年版の新規購入価格) = 28,440円

にもなります!

つまり、マカフィーリブセーフを最も安く使い続けるためには、自動更新はせずに、3年版を新規購入するのがいいということです。

マカフィーリブセーフを新規購入する際に使える割引クーポン

マカフィーリブセーフを新規購入する際は、当サイト限定クーポンを使用すると、公式ストア特別優待価格からさらに1,500円オフで購入可能になりますので非常にお得です。

おすすめは3年版です。なぜなら、1年間の自動更新料金12,980円よりもずっと安い価格で、3年間のライセンスが購入可能になるからです。

1年版定価12,980円優待価格 5,980円
当サイト限定クーポン適用後↓ 
4,480円
(割引額8,500円)
3年版定価31,580円優待価格 12,000円
当サイト限定クーポン適用後↓ 
10,500円
割引額21,080円)

当サイト限定特別割引クーポンを利用した購入方法の詳細については以下の記事↓をご覧ください。

なお、新規購入する際は、すでにマカフィーアカウントで使用しているメールアドレス(前回公式サイトで購入した時に使用したメールアドレス)と同じメールアドレスでサインインして購入すれば、自動的に現在使用中のライセンスに対して契約期間が加算されます。

残っている契約期間が無駄になることはありませんし、現在使用中のマカフィーリブセーフをアンインストールしたり再インストールしたりする必要もありません。有効期間だけが更新される形ですので、非常に簡単です。

もし現在利用中のライセンスが公式サイト以外で購入したものだった場合でも、そのライセンスを有効化した時に使用したメールアドレスを使って新規購入すれば、契約期間を加算することができます。(※もし新しいライセンスキーの有効化について不安が残る場合は、マカフィーのサポートに連絡すれば日本人の担当者が丁寧に教えてくれます。)

よかったらシェアしてね!
目次