※当サイトのコンテンツには広告を含む場合があります

【ウイルスバスター】と【マカフィー】を徹底比較!(2024年2月版)

【ウイルスバスター】と【マカフィー】を徹底比較!

この記事ではウイルスバスターとマカフィーの2製品を様々な角度から比較しています。

まずは、それぞれどんなユーザーにおすすめなのかを紹介し、さらに搭載されている機能や性能の違い等についても詳しく説明します。どちらを購入すべきか迷っている方は、ぜひ参考にしてください!

マカフィーリブセーフ1500円OFFクーポン
ココをクリック!

目次

【結論】ウイルスバスターとマカフィー、どちらがおすすめ?

どんな人におすすめ?
ウイルスバスタークラウド
ウイルスバスタークラウドのボックスショット
マカフィーリブセーフ
マカフィーリブセーフのボックスショット
製品の使いやすさと充実したサポート体制を求める方多数のデバイスを所有し、価格と信頼性の両方を重視する方

ウイルスバスターとマカフィーの特徴を簡単にまとめると?

ウイルスバスタークラウド
ウイルスバスタークラウドのボックスショット
マカフィーリブセーフ
マカフィーリブセーフのボックスショット
製品の特徴国内シェアNo.1&充実したサポートインストール台数無制限
おすすめのユーザーUIが分かりやすいので初心者向き多数のデバイスを所有する方
1年版の価格6,050円
(3台版の価格)
クーポン適用価格 
4,480円
3年版の価格14,300円
(3台版の価格)
クーポン適用価格 
10,500円
インストール可能台数3台無制限
機能の特徴日本のフィッシング詐欺に強い個人情報の流出監視やVPNも搭載
マルウェア防御率97.95%99.95%
動作の軽さ
返金保証なし30日間
サポート●電話:9:00-18:00(平日のみ)
●チャット:9:00-21:00(毎日)
●メール:24時間受付
●LINE:9:30-17:30(毎日)
●電話:9:00-21:00(毎日)
●チャット:9:00-21:00(毎日)
公式ストア公式ストア公式ストア

※「マカフィーリブセーフ」と「マカフィートータルプロテクション」の違いについては、こちらの記事をご覧ください↓

ウイルスバスターとマカフィーの価格の違いは?


ウイルスバスター クラウド

マカフィー リブセーフ
インストール可能台数3台無制限
1年版5,720円
6,050円
(10/13より新価格)
12,980円
クーポン適用後 
4,480円
3年版13,580円
14,300円
(10/13より新価格)
31,580円
クーポン適用後 
10,500円
返金保証なし30日間

マカフィーリブセーフの価格はインストール可能台数が無制限ということもあり、ウイルスバスタークラウドよりかなり高めです。

しかし、以下のページから当サイト限定の大幅な割引価格で購入することが可能です!

期間限定の当サイト限定特別クーポンです。お早めにご利用ください!

期間限定の当サイト限定特別クーポンです

お早めにご利用ください!

(参考)ウイルスバスタークラウドは、2023年10月に値上げを行いました。その他のセキュリティソフトについても、今後の値上の可能性を考慮しておいた方がいいかもしれません。

ウイルスバスターとマカフィーの機能の違いは?

Windows版の機能比較


ウイルスバスター クラウド

マカフィー リブセーフ
マルウェア対策  
ファイアウォール
ID/パスワード管理5つまで 15個まで
子供のネット利用管理 
ネットバンキング保護 
Webカメラ保護  
VPN 自動更新の契約がない場合は500MB/月まで
個人情報の流出監視と通知別途「パスワードマネージャー 」購入
ウイルス駆除サービス  自動更新契約時に利用可能
自動クラウドバックアップ

ウイルスバスタークラウドは、自前のファイアーウォールを搭載していません。この点は、昔から競合他社のセキュリティソフトと比較する際に、ネガティブなポイントとして挙げられる部分です。

また、ウイルスバスタークラウドのパスワードマネージャーは、ID5つまでは無料で使えますが、それ以上使いたい場合は製品版の「パスワードマネージャー」を購入する必要があります。また、ダークウェブモニタリング(個人情報の流出監視と通知)も、別途「パスワードマネージャー」の購入が必要です。

一方、マカフィーリブセーフは、VPNもダークウェブモニタリングも標準で搭載しています。

昨今、在宅勤務や公衆Wi-Fiの利用機会が増えていることを考えると、VPNは標準で搭載してほしい機能です。また、ダークウェブモニタリングも、ノートン360デラックスやマカフィーリブセーフは標準で搭載していますので、機能の豊富さという点ではウイルスバスタークラウドが若干見劣りします。

Mac版の機能比較


ウイルスバスター クラウド

マカフィー リブセーフ
マルウェア対策  
ファイアウォール 
ID/パスワード管理5つまでSafariはサポート対象外
Web脅威対策 
子供のネット利用管理
VPN  
不要ファイルの除去  

Android版の機能比較


ウイルスバスター クラウド

マカフィー リブセーフ
マルウェア対策  
危険サイトブロック  
SMSフィッシングメール詐欺対策 
リモートロック/消去
(盗難対策)
  
GPSで端末位置を捜索
(盗難対策)
  
リモートで周囲を撮影
(盗難対策)
  
警告音を鳴らす
(盗難対策)
  
SIMカード保護
(盗難対策)
  
アプリのスキャン  
パフォーマンス最適化  
子供のネット利用管理
個人情報の流出監視と通知別途「パスワードマネージャー 」購入 
VPN 自動更新の契約がない場合は500MB/月まで
Wi-Fi安全性チェック  

一見すると、ウイルスバスタークラウドの方がマカフィーリブセーフより圧倒的に多機能のように見えますが、今はGoogleが提供する専用アプリ「Find My Device(デバイスを探す)」を使えば、位置の特定、ロック、データ消去等の盗難対策機能を無料で利用可能です。

そのため、セキュリティソフトが独自に盗難対策機能を搭載する必要性はあまりありません。

マカフィーリブセーフについては、SMSフィッシング対策機能が無いのが残念な部分です。マカフィーリブセーフには、2023年10月に「マカフィー詐欺メッセージ対策」機能が新たに搭載されました。

iOS版の機能比較


ウイルスバスター クラウド

マカフィー リブセーフ
危険サイトブロック 
SMSフィッシングメール詐欺対策 
GPSで端末位置を捜索
(盗難対策)
 
警告音を鳴らす
(盗難対策)
 
Wi-Fiセキュリティ  
子供のネット利用管理
個人情報の流出監視と通知別途「パスワードマネージャー 」購入 
VPN 自動更新の契約がない場合は500MB/月まで
カレンダースパム対策  

iOS版アプリでも、Android版アプリと同様に、一見するとウイルスバスタークラウドの方が明らかに多機能のように見えますが、盗難対策機能についてはAppleが用意している「iPhoneを探す」というサービスを利用できます。そのため、セキュリティソフトが独自に盗難対策機能を搭載する必要性はあまりありません。

マカフィーリブセーフには、ウイルスバスタークラウドには無いVPNと個人情報の流出監視機能が標準で搭載されています。

ただ、マカフィーリブセーフについては、SMSフィッシング対策機能が無いのが残念な部分です。マカフィーリブセーフには、2023年10月に「マカフィー詐欺メッセージ対策」機能が新たに搭載されました。

ウイルスバスターとマカフィーのマルウェア保護性能の違いは?

以下は、第三者テスト機関が各主要セキュリティソフトのWindows版アプリのマルウェア保護性能(ウイルス対策機能の性能)をテストした結果です。

AV-Comparatives

2023年9月のAV-Comparativesによるテスト結果では、マカフィーのマルウェア検出率が99.95%で主要セキュリティソフトの中でトップレベルの成績なのに対し、ウイルスバスター(トレンドマイクロ)は97.95%と最下位となっています。

表:マルウェアに対する防御率ランキング(マルウェアサンプル:10,007個)

感染マルウェア数防御率ラン
ノートン299.98%
アバスト/カスペルスキー399.97%
ESET499.96%
マカフィー599.95%
マイクロソフト599.95%
トレンドマイクロ20597.95%ランク外

出典:AV-Comparatives(Malware Protection Test September 2023

誤検出数については、前回2023年3月の最新のテスト結果では、ウイルスバスターとマカフィーはほぼ同じでしたが、2023年9月のテストではウイルスバスターの誤検知数は大幅に減っています。

表:誤検知(誤アラーム)テストの結果

誤検知の数評価
アバスト/ESET1ほぼ無し
トレンドマイクロ2数件のみ
マイクロソフト5
カスペルスキー6
マカフィー10
ノートン12多い

出典:AV-Comparatives(Malware Protection Test September 2023

AV-TEST

一方、もう一つの有名な第三者テスト機関であるAV-TESTのテスト結果によると、ウイルスバスターもマカフィーも6点満点中6点の評価でした。

未知のマルウェア既知のマルウェアラン
ノートン100%100%
マカフィー100%100%
アバスト100%100%
トレンドマイクロ99.2%100%
カスペルスキー99.2%100%
マイクロソフト99.2%100%

出典:AV-TEST:The best Windows antivirus software for home users (October 2023)
※ESETはAV-TESTのテストに参加していません。

マルウェア保護性能の比較のまとめ



ウイルスバスター


マカフィー
AV-Comparativesランク外
AV-Test
マルウェア保護性能の比較結果まとめ
  • マカフィーは複数の第三者テスト機関の検証結果で最高レベルの評価を獲得
  • ウイルスバスターはマカフィーに比べるとマルウェア検出性能が劣る

ウイルスバスターとマカフィーではどちらが軽い?

以下は、第三者テスト機関が各主要セキュリティソフトのWindows版アプリのパフォーマンス(パソコンの動作に与える影響)をテストした結果です。

AV-Comparatives

2023年10月のAV-Comparativesのテスト結果では、ウイルスバスターよりもマカフィーのパフォーマンスが低い(パソコンの動作に影響がある)という評価となっています。

表:パフォーマンステストの結果

総合評価ランク
ESET1.4
カスペルスキー2.5
アバスト6.8
ノートン7.1
トレンドマイクロ7.3
マカフィー11.2
マイクロソフト18.6

出典:AV-Comparatives(Performance Test October 2023
※テストは、Intel Corei3 CPU、4GB RAM、SSDドライブを搭載したPCにWindows 10 64bit版(英語)をインストールして実施

AV-TEST

一方、もう一つの有名な第三者テスト機関であるAV-TESTのテスト結果によると、マカフィーもウイルスバスターも6点満点中6点の評価でした。

スクロールできます
Webサイトを開くアプリのダウンロードアプリ起動アプリのインストールファイルのコピーランク
アバスト19%1%5%17%1%
カスペルスキー26%1%5%11%1%
マカフィー22%1%4%23%1%
トレンドマイクロ20%1%8%12%1%
ノートン23%1%6%31%2%
マイクロソフト17%0%4%34%0%

出典:AV-TEST:The best Windows antivirus software for home users (October 2023)
※ESETはAV-TESTのテストに参加していません。

軽さの比較のまとめ



ウイルスバスター


マカフィー
AV- Comparatives
AV-Test
動作パフォーマンスの比較結果まとめ
  • マカフィーとウイルスバスターのパソコンの動作パフォーマンスに与える影響は、第三者テスト機関によって評価が異なる

ウイルスバスターとマカフィーのテクニカルサポート体制の比較

主要セキュリティソフトメーカーはそれぞれサポートのサービス内容には違いがありますが、ウイルスバスターとマカフィーは比較的充実したサポート体制を用意しています。

ウイルスバスターでは、電話、チャット、メールに加えて、LINEを使ったサポートを用意しています。普段からLINEにをよく使う人には便利なサービスです。

マカフィーでは、毎日9:00〜21:00までの電話サポートとチャットサポートを提供しています。毎日働いている人にとっては、帰宅後に電話で問い合わせすることも可能なので、嬉しいサービスでしょう。



ウイルスバスター


マカフィー
電話平日のみ
9:00-18:00
毎日
9:00-21:00
チャット毎日
9:00-21:00
毎日
9:00-21:00
メール24時間受付
LINE毎日
9:30-17:30

ウイルスバスターとマカフィーの使いやすさの比較

ウイルスバスタークラウドの大きな特徴の一つが「分かりやすさ」です。

製品のユーザーインターフェースはもちろん、公式HP上の説明も分かりやすく、外資系セキュリティソフト会社の製品によくあるような違和感や分かりづらさを感じることがほとんどありません。

また、製品ラインナップもとてもシンプルで、どの製品を選べばよいか迷うことがありません。したがって、特にパソコン初心者の方におすすめできるセキュリティソフトだと言えます。

一方のマカフィーリブセーフは、ウイルスバスタークラウドに比べると若干用語が分かりづらい部分があります。

これは、ノートン等の外資系セキュリティ企業と同じく、もともと英語で開発された製品を日本語化しているためです。また、マカフィートータルプロテクションとの違いも分かりづらく、製品の選択に悩む人もいるかもしれません。

まとめ(結局どちらの製品がおすすめ?)

ウイルスバスターは、製品のわかりやすさ(使いやすさ)、サポートの選択肢の豊富さにおいて、マカフィーよりも優れています。

一方、マカフィーは、マルウェア保護性能やコストパフォーマンス(利用可能デバイス数無制限)において、ウイルスバスターよりも優れています。

価格での比較ポイント
  • マカフィーリブセーフの価格はインストール可能台数が無制限ということもあり、ウイルスバスタークラウドよりかなり高め
  • しかし、当サイト限定クーポンを利用すると、マカフィーリブセーフの方が安くなる
機能での比較ポイント
  • マカフィーリブセーフの方が独自ファイアーウォールやVPN、パスワードマネージャーを搭載していたりと、機能は豊富
性能での比較ポイント
  • マルウェア保護性能はウイルスバスタークラウドよりもマカフィーリブセーフの方が高い
  • パソコンの動作パフォーマンスに与える影響は、第三者テスト機関によって評価が異なる
サポート体制の比較ポイント
  • ウイルスバスタークラウドは、電話、チャット、メールに加えて、LINEを使ったサポートを用意している
  • マカフィーリブセーフは毎日21:00まで電話サポートを提供しているので、平日働いている人にとっては便利
使いやすさの比較ポイント
  • ウイルスバスタークラウドは製品のUIや公式HP上の説明も分かりやすく、製品ラインナップもとてもシンプル。特にパソコン初心者の方におすすめ
  • マカフィーは姉妹製品のマカフィートータルプロテクションとの違いが分かりづらい

期間限定の当サイト限定特別クーポンです。お早めにご利用ください!

期間限定の当サイト限定特別クーポンです

お早めにご利用ください!

期間限定3年版キャンペーン実施中!

よかったらシェアしてね!
目次